こんにちは、はるかです。

実は私も少し前から、書きたかった記事なのですが、今回は、ブログ読者さんからご要望を頂いた、“男性脳と女性脳の違い” についてアップします。

以前にも、「女性は行間で語るもの…女性の心をつかむメールの読み方」という記事を書いたのですが、これも男性脳と女性脳という観点から書いたものです。

なぜ男性には女性を理解することができないのか、それはとても簡単なこと…男性と女性では脳の働きがまったく異なるからです。女性脳を理解することができれば、これまでのように女性の言動に振り回されることが激減するはずです。

男性でも「女性脳」を持っている人、女性でも「男性脳」を持っている人も10%くらいは存在するそうです。この記事では、「男性脳を持った男性」か「女性脳を持った女性」というのが正しい書き方ですが、文章が長くなってしまうので、”男性脳” “女性脳” と書きます。

0i9a5600

女性脳の特徴

男女脳の違いを書く前に、かんたんに脳の話をすると、一般的に

右脳は、直観や感性…感情担当
左脳は、言語や思考…理論担当

を司ると言われています。

“右脳” と “左脳” 、両者をつないでいるのが「脳梁」と呼ばれる神経繊維です。脳梁の役割は、右脳と左脳の情報伝達を行う橋のようなものです。

女性は男性に比べて脳梁が太いために、右脳と左脳のやりとりがスムーズで、多くの情報を同時処理できます。これは感情豊かであるということ、逆に男性は論理的です。

1980年代以降、MRIが登場したおけげで、男性と女性の特徴的な違いがなんであるか科学的に解ってきました。例えば、おしゃべりをしているときの状態をスキャンしてみると、男性と女性では脳の使っている部分がまったく違う…なんていうことも解っています。

モノタスクとマルチタスク

男性脳はモノタスク、女性脳はマルチタスク…男女脳を語るときに必ず出てくる言葉です。モノタスクは一度に1つのことしか処理できないですが、マルチタスクは一度に複数のことを処理することができます。

こんなことを書くと、男性に怒られそうですが、優劣の問題ではなく単に違いです。

男性脳と女性脳では得意とするものが違うのです。モテる男になるために、女性脳を理解してもらえればいいなと思い書いているので、お気を悪くなさらないでください^^

女性脳は脳梁が太いために、多くの情報をやり取りができ会話がスムースになり、言葉からイメージを膨らませるなど感情豊かで、関連のない仕事を一度にこなすこともできます。

女性脳にとっては、メイクをしながらハンズフリーで電話するなんて普通のことです。

一方、男性脳は、専門分野ごとにはっきり区分けされ、一度に1つのことしかできない脳の構造になっています。

例えば、男性は会話のときには理論担当の左脳しか使えないので、女性のように感情表現豊かに会話するのが得意でありません。そのため、デート中、女性は男性の態度に対してそっけなさを感じてしまったり、寂しい気持ちになったりしてしまうのです。

競争と共感

多くの恋愛教材には、必ずと言っていいほど女性の話に共感をしめすこと…ということが書いてあります。これは男女脳の違いから見ても、非常に理にかなっています。

女性脳は相手の話を聞くときに、喜び、悲しみ、恐れ、怒り、驚き…様々な表情で相手の感情を受け止め、共感を示します。話し手の感情を映し出しているかのように。更に女性は、そのときに、声の抑揚やボディランゲージなどからも、相手のことを深く理解しようとします。

また、女性脳であれば、「ステキなカフェみつけたよ」と友達から話を聞けば、「うわぁ、じゃ今度一緒に行こうよ…」と共感をしめします。

男性脳は、共感より相手より優位に立とうとする競争心理が無意識に働きます。男性脳的な発想の強い人ほど、自分自身を優位に見せたいという気持ちが働くと言われています。

男性は共感という発想がもともと少ないため、普通に会話していると悪気はなく、女性をつまらない気分にさせてしまうことがあるのです…だからこそ、相手の気持ちに寄り添い、表情豊かに聞いたり話したりできる男性は少数なのでモテます。

そう言った意味で、女性自身が短時間の会話の中で共感されることで、「あぁ、この人私のこと良く解ってくれてる…」と思ってしまう会話法に心理カウンセラー会話法というものがあります。

この会話法については、連れ出し後会話テクニックという教材で学ぶことができます。他にも会話法の教材がたくさんある中で、なぜ、この教材を紹介するかというと、PDFテキストなどの文章で学ぶだけでなく、心理カウンセラーとしての資格を持つ作者フクイレンさんが実演している動画を見ることができるからです。

共感していることを表現する力を身につければ、女性からの好感度がグッとあがるのです。

まとめ…男女脳の理解なしにモテる男にはなれない

男性脳と女性脳の違いは、太古の昔、人間が狩猟で生活していたときから受け継がれた脳の記憶でもあります。

男性と女性は同じ人間だけれども、脳の構造は全く違う…モテる男性になるには、男女脳の違いを押さえておくことは不可欠です。男女脳の思考の違いを知れば、女性のことで解らないということで悩むことも無くなります。

本日のまとめとしては、女性脳は、マルチタスクで複数のことを一度にこなせる、そして共感によるコミュニケーションを何より大切にするということです。

モテる男になるためには、共感力をあげる←これ大事

男性脳と女性脳の違いは、もっともっと書きたい記事があるのですが、長くなりすぎてしまうのでまた折を見てアップしたいと思っています。

はるかに質問、メールをしてみる
※ 原則、24時間以内にお返事します。お気軽に送ってください^^

イチオシの教材