こんにちは、はるかです。
いつも、はるもてブログをご覧になってくださり、どうもありがとうございます。

このブログは、女性に苦手意識を持つ男性に向けて、幸せな恋愛ができるように恋愛教材をレビューしています。

コンセプトは、女だからわかるコト…です。男性にはわからない女心や、実は女性が嫌悪感を感じる言動など、女性だからこそ感じる恋愛に関するあれこれをチェックしています。そのためか、他のレビューサイトとはおすすめしている教材が自然と違ってきます。評価基準はこちらに詳しく書いています。

今回は、はるもてブログ経由でご購入いただいた、2016年後半の売れ筋教材のベスト3を発表します。

2016second-half-rank2.

 

327618-11位 城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』完全セット

sjk-h2

2016年下半期1位は、【城咲仁さんの『モテる男養成講座』完全セット】でした。

この教材は、「出会い編」「メール編」「デート編」の3つで構成されています。それぞれを単体で購入される方もいらっしゃいますが、計算してみると9割弱の方が完全セットを購入してくださっています。

私がこの教材をイチオシにしている理由はたくさんありますが、特に良いと思えるポイントは3つです

  1. 解りやすくまとめられたPDFテキストとリンクされた動画が用意されている
  2. 動画に作者本人が出演しているので、本物のモテる男の話し方や立ち居振る舞いを学べる
  3. 女性が苦手と言う気持ちがあっても克服しながら、好きな女性を彼女にできるところまで導いてくれる

このような教材で学ぶときは、PDFテキストにリンクした動画がセットになっているものが一番効率的に学べます。なぜなら、文字だけだとイメージしずらく、動画だけだと次から次に流れてしまうので頭に止めるのが難しくなります。両方あることで、脳はイメージをしながら、モテる男がやるべきテクニックを論理的に学習できるからです。理想的な構成と言えます。

その動画には、作者の城咲さんが実際に出演され、モテる男の立ち居振る舞いや女性から好感を得られる話し方など、実演しています。



085145_30【城咲仁の「モテる男養成講座」】もっと詳しいレビューを見たい方はこちら

344605-1 2位 人に好かれる会話術

hsk-top3

第2位は、木多崇将さんの【人に好かれる会話術】でした。

会話そのものがあまり得意でない男性は、女性を目の前にするとよけいに会話ができなくなってしまい、結果として恋愛に対してもコンプレックスを持ってしまいます。その状況を抜け出すために、一番効果的なのは、男女問わず楽しい会話ができるようになることです。

この教材は、男女兼用となっていますが、作者が男性のためか男性向けの事例が多くあり、女性と恋愛するときの会話のベースとなってくれます。また、自己啓発的な側面もあるため、コミュニケーション力がアップします。

コミュニケーション力がアップすることで、あなた自身にも自信が付きます。

会話はコミュニケーションのひとつです。
恋愛も女性とのコミュニケーションです。


085145_30【人に好かれる会話術】もっと詳しいレビューを見たい方はこちら

344611-1 3位 性欲トラップ

st_top4002

第3位は、相沢蓮也さんの【性欲トラップ】です。

この教材の公式サイトは、一見して怪しそうです。…ですが、教材内容は真逆で至ってクリーンです。

作者の相沢さんは、元々、文学少年だったそう…芸人ピースの又吉さんのように、純文学など読みふけっていたそうです。それでわかったのです。相沢さんが執筆した教材はどれも、すごく読み易く解りやすい理由が…たくさんの文章に触れた人だからこそ、文章も上手に伝わりやすく書けるのだ…ということがです。

文章が上手でも、教材から学べるテクニックが微妙だとおすすめする気持ちにはなれませんが、きれいごとだけでなく、男性と女性の性欲の違いを納得できるよう解説し、更に実践で使えるように導いてくれています。


085145_30【性欲トラップ】もっともっと詳しいレビューをご覧になりたい方はこちら

まとめ

不定期で、はるもてブログ経由で購入していただいた教材のランキングを発表していますが、今回は2016年の総合売れ筋ベスト3をまとめました。

  • 1位:城咲仁のモテる男養成講座『今からモテにいくぞ!』
  • 2位:人に好かれる会話術
  • 3位:うっかりハメちゃう、性欲トラップ~オンナ友達と、とりあえず一発ヤる技術

この中にあなたの気になる教材はありましたか?

売れ筋ベスト3の中に気になる教材があったのであれば、もっと詳しく教材内容をレビューしている記事がありますのでご覧になってください。


はるかに質問、メールをしてみる
※ 原則、24時間以内にお返事します。お気軽に送ってください^^